ミステリー・サスペンス

クリスティ作品など。サスペンス含む。

ミステリー・サスペンス

『レーン最後の事件』シリーズを順に読んだ人だけ衝撃を味わえる!

『レーン最後の事件』をもって、エラリークイーンの悲劇四部作は終わります。エンディングの衝撃が強い作品としておすすめです。作品の面白いポイントやエンディングについてレビューしてみました。
ミステリー・サスペンス

『Zの悲劇』レビュー!ペイシェンスの魅力を考えてみる!

『Zの悲劇』はエラリークイーンによる悲劇四部作の第三作目。いまいち評価が高くないらしいですが、楽しむポイントはいくつかあります。新しい主人公ペイシェンスの魅力や読みどころをレビューしてみました。
ミステリー・サスペンス

『Yの悲劇』レビュー!ラストシーンの重さを味わいたい!

本格ミステリの傑作と言われる『Yの悲劇』のレビューです。どのあたりが面白かったのか、探ってみました。犯人の正体以上に、その事実を公表するかどうか、悩む主人公とラストシーンの衝撃が『Yの悲劇』の魅力だと思うのです。
スポンサーリンク
ミステリー・サスペンス

『X の悲劇』レビュー!キレのいいミステリー好きにはおすすめ!

エラリー・クイーンによる悲劇の四部作として知られるシリーズの始まりが『Xの悲劇』です。1932年発表の作品ですが、今もなお本格ミステリーの傑作として知られています。主人公ドルリー・レーンのキャラとしての魅力もあり、最後まで楽しめるミステリーです。
ミステリー・サスペンス

『エッジウェア卿の死』レビュー!手紙にまつわる謎が面白い!

『エッジウェア卿の死』はポアロシリーズ長編7作目です。有名人になりすませるくらいの演技力がある女優・カーロッタは、果たしてどんな役割を担っていたのか?彼女が最後に書いた手紙にまつわる謎は?など、見どころの多い作品ですよ。
ミステリー・サスペンス

アガサ・クリスティー「邪悪の家」レビュー!小悪魔・ニックが魅力的!

ポアロシリーズの6作目「邪悪の家」をレビューしてみます。古い屋敷の主人であるニックが魅力的なキャラなので、最後のどんでん返しまで、楽しく読めますよ。ちょっと振り回されがちなポアロを読んでみましょう。
ミステリー・サスペンス

「青列車の秘密」レビュー!列車を舞台にしたもうひとつのポアロ作品

ポアロ・シリーズの第5作「青列車の秘密」のレビューです。列車を舞台にしたミステリー作品であり、複雑にからみあった人間関係を見せるドラマになっています。「青列車の秘密」ならではの魅力とイマイチだったポイントなどをレビューしてみます。
ミステリー・サスペンス

「ベルリンは晴れているか」レビュー!戦後ドイツの描写によみごたえあり!

人気ミステリ「ベルリンは晴れているか」をレビューしてみます。混乱の真っただ中である終戦直後のドイツでの、ある事件をめぐって、ドラマが展開します。登場人物の設定や舞台に大きな魅力のある小説です。
2021.12.31
ミステリー・サスペンス

クリスティ作品なのに評判がよくない「ビッグ4」を楽しむポイント

アガサ・クリスティー作品のなかでも、あんまり評判がよくない作品があるんです。それが「ビッグ4」。実際に読んでみて、批判される点と、それでも楽しめた点をレビューしてみます。クリスティーがこんな作品を書いていたんだ、と思うはず・・です。
ミステリー・サスペンス

「アクロイド殺し」衝撃は犯人か結末か

アガサ・クリスティーの代表作である「アクロイド殺し」は、ラストにかけての衝撃が有名な作品です。読んでみて興味深かった点と、読み終わったあとの衝撃について、レビューしてみました。
タイトルとURLをコピーしました